God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 浅草寺 (その2)TOP古寺散策 ≫ 浅草寺 (その2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

浅草寺 (その2)

浅草寺_007_M4S50

★ Leica M4/Summicron 50mm F2/RVP 100


古寺とはいえ、化粧直しを終えたばかり。

鮮やかな朱が冬日に映えます。





東京・浅草(あさくさ)の浅草寺(せんそうじ)。

由緒は古く、推古天皇の時代...すなわち聖徳太子の時代までさかのぼる、と伝えられています。


しかし、今日の伽藍は(ほぼ)すべて戦後再建されたものです。





浅草寺_006_M4S50

★ Leica M4/Summicron 50mm F2/RVP 100


東京(江戸)の歴史は、徳川家康が江戸へ入ってから...

多くの人がそのように思っているのではないでしょうか。

それ以前は、何にもないところだった。
せいぜい、室町時代に、太田道灌が江戸に要塞(城)を築いた...程度でしょう。


ところが、そんなことはないのですよ(^^)




浅草寺_009_M4S50

★ Leica M4/Summicron 50mm F2/RVP 100


浅草寺を創建したと伝えられる人の一族と、大阪・河内平野の巨大古墳群を建設し、
さらに河内で大土木工事を行った技術者集団とは、同一の氏族ではないか...

そういう研究があります。


古代の武蔵(むさし)と河内(かわち)を結ぶ接点が、意外なところに残っているものです。

(興味のある方は、森浩一著「記紀の考古学」を読んでね♪)





浅草寺_008_M4S50

★ Leica M4/Summicron 50mm F2/RVP 100


古代の浅草あたりは、「武蔵国豊島郡」と呼ばれていました。

当時は、このあたり(というか、現在の東京南部一帯)は様々な川の河口が集中するエリアで、
いわゆる「潟(かた)」という地形がずーっと続いていたと言います。

たくさんの河口で、中洲(=島)がたくさん形成される。
つまり、島(の数)が豊かだったのが、「豊島郡」。


川をはさんでお隣の「下総国葛飾郡」にも、「大嶋(おおしま)郷」、さらに「嶋俣(しままた)里」など、
島(洲)を意味する地名が古文書に現れていることからも、何となく想像できますね。

(律令制の時代は、 郡→郷→里 という行政単位でした)

※奈良時代初頭の「大嶋郷」の戸籍(文書)が、奈良・東大寺の正倉院に残されているのです。


ちなみに、上記の「嶋俣」とは、現在の「柴又(しばまた)」(東京都葛飾区柴又)のことです。

寅さんが産湯を使った柴又帝釈天のあるところ(^^)





浅草寺_010_M4S50

★ Leica M4/Summicron 50mm F2/RVP 100


浅草寺のご本尊は、檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)の兄弟が
漁をしている時に観音像が網にかかったのを見つけたというものです。


それから1400年。

浅草寺の本堂からも、東京スカイツリーがよく見えます。

(ホント、こんな写真ばっかでスミマセン(^^ゞ)


関連記事

Comment

tonkoさん
編集
お帰りなさい!
tonkoさんがいない間も、関東はひたすら晴れ!(^^;)
浅草寺も去年の暮れ?には改装が終わって、とてもきれいになりました。
青空に本当に朱が映えていますよ♪
ぜひ行ってみて下さい。スカイツリーもどんどん大きくなってるし(^^)

>士林夜市

ハッキリ言って、あのニオイは閉口なのですが(笑)
何て言うんでしょう、あの熱気、怪しさ、うさん臭さ...
なんとも魅力的です(^^ゞ
ただ、あの好き嫌いは人によってハッキリと分かれるでしょうね。

5年前にブログにアップした写真です。
士林ではなく、観光夜市の方です。
↓こちら。
http://bernina.blog20.fc2.com/blog-entry-195.html
2011年02月05日(Sat) 18:44
真っ青な空
編集
ベルニナさん
浅草寺が化粧直ししましたか
朱の色が美しい!

塔ですね
どうぞ幾つでも載せて下さい
日本の技術の素晴らしさを世界に見せたい
からです
また、追い掛けて浅草に行きたくなりました(苦笑)

ベルニナさんが台北が好きだなんて
台北と言っても色々です
どこですか?
まさか「士林夜市」ではないでしょうね
独特の匂い(香り)ではなく 我が日本にはない匂い
どこに行っても付いてくる そこが好きなんですか?
2011年02月04日(Fri) 14:13
ららさん
編集
こんばんは。
関東はどうも歴史では後進国?みたいですが、実はそうではなく、まだまだ知られていないことが多いと思います。
群馬や埼玉に残る巨大古墳群も、詳しいことはほとんど分かっていません。
近畿のヤマト王権と関連があるのか、それとも、独自の王権(政権)が存在したのか...
興味津々です(^^)

浅草寺はすっかりきれいになりましたよ♪
鮮やかな朱が、今の季節の青空に本当に良く映えます(^^)
2011年02月01日(Tue) 21:23
No title
編集
おはようございます。
歴史の教科書は暗闇にスポットライトを当てるような説明なのに、すっかりそれに慣れてしまっていました。
それ以前は?という意識で調べると面白いことが見えてきそうですね。
浅草寺、この前までの工事、終わったのですね。(*^_^*)
青空に赤は最高に綺麗です。
2011年02月01日(Tue) 07:07












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

日本建築今昔
Nikon D700 28-75ミリ 2011.01.26 浅草寺 浅草寺本堂から見るスカイツリー。 スカイツリーの構造システムは、 五重塔の制振システムを最新の技術で再現しようとするものだとか。。
2011年02月01日(Tue) 06:39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。