God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 東京・千鳥ヶ淵TOPサクラ、サクラ ≫ 東京・千鳥ヶ淵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

東京・千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵_TVS_RVP_01

★ CONTAX Tvs/Vario Sonnar 28-56mm F3.5-6.5/RVP



   桜色に 我が身は 深く成ぬらん 心にしめて 花を惜しめば


     よみ人知らず

     (拾遺和歌集 巻第一 春)





東京の桜は今日の雨ですっかり散ってしまったようです。

しかーし、忘れた頃に登場するのが当ブログの桜(笑)


久しぶりにフィルムカメラで桜を撮りました。
しかも、冷蔵庫で眠っていた期限切れのフィルムなんぞを使ってみました(^^ゞ

フィルムに現れた色は(懐かしい)ビビッドなベルビアカラーでバッチリでしたが、フィルムスキャンが相変わらず下手っぴなので、スミマセン...m(_ _)m


今日は、先日皇居の千鳥ヶ淵で撮った満開の桜をご覧ください(^^)





千鳥ヶ淵_TVS_RVP_02

★ CONTAX Tvs/Vario Sonnar 28-56mm F3.5-6.5/RVP


   あだなれど 桜のみこそ 旧里(ふるさと)の 昔ながらの 物には有けれ


     貫之

     (拾遺和歌集 巻第一 春)



紀貫之(きのつらゆき)の歌です。

昔の歌集では、作者名をフルネームで記すことは少なく、「つらゆき」なんて平仮名で名前のみを記述することも珍しくありません。

「旧里」(=故里・古里)とは、貫之の故郷のことではなく、かつての都・奈良のことではないか...と、出典本の解説にありました。


歌の大意です。

はかないものではあるけれども、桜ばかりは、この故里で、昔のまま変わることのないものであったよ。





千鳥ヶ淵_TVS_RVP_03

★ CONTAX Tvs/Vario Sonnar 28-56mm F3.5-6.5/RVP


   咲きそめて 幾世経ぬらん 桜花 色をば人に 飽かず見せつゝ


     藤原千景

     (拾遺和歌集 巻第一 春


(大意)
咲き初めてから、いったいどれほどの世を経ているのだろうか。桜の花は、美しい色を、いつまでも飽きることなく、人に見せ続けている。


藤原千景(ふじわらのちかげ)という人は、あまり詳しいことが伝わっていないそうです。

現代に伝えられている和歌も、この一首のみとか。





千鳥ヶ淵_TVS_RVP_04

★ CONTAX Tvs/Vario Sonnar 28-56mm F3.5-6.5/RVP


   春は猶(なほ) 我にて知りぬ 花盛り 心のどけき 人はあらじな


     忠岑

     (拾遺和歌集 巻第一 春)



作者の「忠岑」とは、三十六歌仙の一人である壬生忠岑(みぶのただみね)。


この歌、古今和歌集に収められている在原業平の


   世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし


という有名な歌を思い出させます。


業平の歌を受けて、なるほど、たしかに自分のことを考えてみてもそのとおりだよなぁ~...と、詠んだようにも感じられます(^^)


(大意)
春の人の気分はどのようなものか、やはり我が身を顧みれば、理解できる。花盛りには、花のことが気がかりで、心のどかでいられる人は誰一人としてあるまいだろうよ。





千鳥ヶ淵_TVS_RVP_05

★ CONTAX Tvs/Vario Sonnar 28-56mm F3.5-6.5/RVP



   面影に 色のみ残る 桜花 幾世(いくよ)の春を 恋ひむとすらん


     平兼盛

     (拾遺和歌集 巻第二十 哀傷)


(大意)

亡き人の面影を偲ぶものとして、花の色ばかりがとどまっている、桜花よ。
この花を見ながら、いったい幾代の春を恋い続けようとするのだろうか。






千鳥ヶ淵_TVS_RVP_06

★ CONTAX Tvs/Vario Sonnar 28-56mm F3.5-6.5/RVP


今年の(東京の)桜は、あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまったように感じます。

イマイチ名残惜しくもあるので(笑)、ちょっと桜の写真を続けてアップしてみようと思ってます。


どうか、しばしおつきあい下さいませ m(_ _)m



※ 歌と作者名の表記、歌の大意は、岩波書店 「新日本古典文学大系 拾遺和歌集」に拠りました。

関連記事

Comment

hana 123さん
編集
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます(^^)
千鳥ヶ淵では、去年は中止になってしまった恒例のライトアップも行われました。
(行けなかったけど...)
今年の東京の桜、本当にあっという間に終わってしまったように感じます。
でもまだ八重桜がありますよね(^^)
2012年04月15日(Sun) 22:27
No title
編集
こんにちは。千鳥ヶ淵は有名ですよね。
さくらはいくら見てもあきることはありません。
空の色がいつもすてき!
春は短いのでたのしまなくては・・・。
2012年04月15日(Sun) 16:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。