God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 靖国神社 (その3)TOPサクラ、サクラ ≫ 靖国神社 (その3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

靖国神社 (その3)

靖国神社_11

★ Hasselblad 503CW/Planar CFE 80mm F2.8/400 TMY


さりともと 待ちし月日ぞ うつりゆく 心の花の 色にまかせて


     式子内親王 (新古今和歌集 巻第十四 恋歌四)






たしか去年も、そして一昨年も、もしかしたらその前の年も(笑)当ブログに登場したであろう歌デス(^^ゞ


それでもいつかはと思って待っていた月日のこうも早く過ぎてゆくことよ。心という花の色のあせるがままに。


やはり女性が詠んだ有名な歌が元になっている、いわゆる「本歌取り」の歌です。



それでは、本歌です(^^)




靖国神社_12

★ Hasselblad 503CW/Planar CFE 80mm F2.8/400 TMY


色見えて うつろふ物は 世中(よのなか)の 人の心の 花にぞありける


     小町 (古今和歌集 巻第十五 恋歌五)


そう、小野小町の有名な歌...これが本歌です。


そういえば、まだ「スーパーこまち」を見ていない(もちろん乗ってもいない)ベルニナです(^^ゞ

(みなさんはもう見たり乗ったりしましたか?






靖国神社_13

★ Hasselblad 503CW/Planar CFE 80mm F2.8/400 TMY


春霞 たなびく山の 桜花 うつろはむとや 色かはり行(ゆく)


     読人しらず (古今和歌集 巻第二 春歌下)



古(いにしえ)の日本。

満開に咲いている見事さよりも、盛りから散って行く、その変わりゆく様に風情を見いだした人が多かったようです。

諸行無常こそ、もののあはれ。。というところでしょうかね(^^;






靖国神社_14

★ Hasselblad 503CW/Planar CFE 80mm F2.8/400 TMY

吉野山 さくらが枝に 雪ちりて 花をそげなる 年にもあるかな


     西行法師 (新古今和歌集 巻第一 春歌上)


どうやら花の遅れそうな年だな...という桜をよく詠んだことで知られる西行の歌。


今年はたしかに早咲きの桜や梅の開花がずいぶん遅れましたね。

しかーし、ソメイヨシノはそれどころか、歴史に残る早咲き!(^^;






靖国神社_15

★ Hasselblad 503CW/Planar CFE 80mm F2.8/400 TMY


花の色に あまぎる霞 たちまよひ 空さへにほる 山桜かな


     権大納言長家 (新古今和歌集 巻第二 春歌下)



作者の権大納言長家(ごんだいなごん ながいえ)とは、藤原長家のこと。

平安時代、位人臣を極め、藤原氏が独占する摂関政治の全盛期を謳歌し、

   この世をば わが世とぞ思ふ 望月(もちづき)の 欠けたることも なしと思へば

と詠んだ藤原道長の息子です。

大政治家の息子ですが、今は歌人としてその名が残っています。
(あんまりたいした政治家ではなかったのかもね...(^^;)


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。