God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 旧古河庭園 (その3)TOPお散歩 ≫ 旧古河庭園 (その3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

旧古河庭園 (その3)

旧古河庭園_2013_14



たれか世に ながらへて見ん かきとめし 跡はきえせぬ 形見なれども


 紫式部

 (新古今和歌集 巻第八 哀傷歌)




今日は、旧古河庭園の中、日本庭園をお散歩です。


ここは、当ブログでも何度かご紹介したとおり、紅葉の名所。

歩いて行ける距離にある「六義園」(江戸時代の大名庭園)とセットで紅葉見物に出かけたりしてます(^^)


日本庭園は、たくさんのバラが咲く洋風庭園とは全く雰囲気の違う庭で、京都の大きな寺院で見られるような回遊式の庭園。





旧古河庭園_2013_16


庭園の中にある茶室のまわりは、まだまだ緑がきれい!

まるで新緑の写真のようです(^^;





旧古河庭園_2013_17


園内でも日当たりの良いところでは、少しずつモミジも色づき始めていした。

これが真っ赤に染まると、きれいですよ~(^^)

今年の見頃はいつ頃かな?





旧古河庭園_2013_18


ここで毎年真っ先に色づくのが、大きな心字池のほとりに立つハゼノキ。

今年もすでに色づきが始まっていました。
全体が真っ赤に染まると見事ですよ♪





旧古河庭園_2013_19


これは何の実かなぁ...






旧古河庭園_2013_15



明日しらぬ わが身と思へど 暮れぬまの 今日は人こそ かなしかりけれ


 紀貫之
 (古今和歌集 巻第十六 哀傷歌)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。