God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 春よ来いTOP折々の花 ≫ 春よ来い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

春よ来い

偕楽園_2012_01



わが園に 梅の花散る ひさかたの 天(あま)より雪の 流れ来るかも


 大伴旅人 (萬葉集 巻第五)




こういう光景を詠んだものではないのでしょうが...
一面の梅の花が、まるでおおきな牡丹雪が空から一斉に舞い降りてくるような錯覚を覚えました。


もっとも、青空の下に雪が舞うということもないとは思いますが...(^^ゞ



みなさん、お久しぶりです m(_ _)m
ご無沙汰しておりますが、なんとか、元気にしております。


今日の写真は、水戸の偕楽園で撮った梅です。
もちろん、今年の撮影ではありません。




偕楽園_2012_03



雪の色を 奪ひて咲ける 梅の花 今盛りなり 見む人もがも

 大伴旅人 (萬葉集 巻第五)



この歌、作者については実は諸説あるようです。

万葉集では、梅は雪とセットで詠まれるケースがたくさん見られますよ。


ところで、先月の関東甲信の大雪、大変でしたね。
一日で1mを超える積雪を記録したところもありました。以前この時期によく行った富士山周辺のあたりでも集落が孤立するなど、本当にお気の毒です。心からお見舞い申し上げます。




偕楽園_2012_02



梅の花 香をかぐはしみ 遠けども 心もしのに 君をしそ思ふ

 市原王 (萬葉集 巻第二十)



目に見えるその姿より、香りに誘われてかつての記憶がよみがえってくる...そんなこともあります。
それは、楽しい記憶、切ない思い、悲しい痛み、悔やむいたたまれなさ...




偕楽園_2012_04



移り行く 時見る毎(ごと)に 心いたく 昔の人し 思ほゆるかも

 大伴家持 (萬葉集 巻第二十)



時はどんどん移りゆき、決して立ち止まってはくれず。
木々は、たとえどんなことがあろうが、毎年必ず時期が来れば花を咲かせてくれる。

でも、時の流れについて行けない人は、ただただ、立ち尽くすばかり。。




偕楽園_2012_05



あしひきの 八峰(やつを)の椿 つらつらに見とも飽かめや 植ゑてける君

 大伴家持 (萬葉集 巻第二十)



暖かい春、明るい春が待ち遠しいですね。

関連記事

Comment

そらさん
編集
こんばんは。
ホント、お久しぶり!
具合はいかがですか?一日も早く完治してもとの生活に戻れますように!
3月に入ってもまだまだ寒い日が続いています。
そちらもまた大雪になったと聞きましたよ。でももう少しの辛抱!(^^)
また更新したら(いつになることやら。。)、見に来てね!
2014年03月06日(Thu) 21:43
雪国もやしさん
編集
こんばんは。
ご無沙汰しております。コメント、ありがとうございます。
啓蟄ですが、なかなか暖かくなりませんね。
お体の具合はいかがですか?あまり無理はなさいませんように。
ポールくん、大きくなりましたね♪(^^)
2014年03月06日(Thu) 21:40
No title
編集
こんにちは~^^☆

お久しぶりです~♪

写真を見た瞬間、木に雪がついてるのかと思った^^
何年か前に見た富良野の景色を思い出しちゃったぁ~
青空の下細かい雪が舞ってたよ。
とってもきれいだった^^

こんなに満開に梅が咲いてるなんてビックリ!
春が来る前にケガが完治してくれるのを祈るばかり☆
2014年03月05日(Wed) 15:47
No title
編集
もうすぐ啓蟄の候。
本当の春も、もうすぐそこ・・・でしょうか?
ベルニナさん、おからだくれぐれもご自愛くださいね。
2014年03月04日(Tue) 21:22
03月03日(Mon) 20:34の匿名さん
編集
匿名さん、こんばんは。ご無沙汰しております。
覗いてくださってありがとうございますm(_ _)m
前に進むのはなかなか大変ですが、二度と過去を取り戻せない以上、今を背負って生きていくしかありませんよね。
誰のためでもなく、ひとえに、自分のために。
結局はそういうことなのかな...と、最近思うようになりました。
いつもお心遣いありがとうございます。
2014年03月04日(Tue) 00:46
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年03月03日(Mon) 20:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。