God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ひまわり、など (その2)TOP折々の花 ≫ ひまわり、など (その2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ひまわり、など (その2)

ヒマワリなど_06



咲く花も をそろは飽きぬ 晩(おくて)なる 長き心に なほ如(し)かずけり

 大伴坂上郎女 (萬葉集 巻第八)





今日も、今頃咲いているヒマワリです(^^ゞ


上の歌で、「をそろ」は早熟、転じて軽率の意味なのだそうですよ。

咲く花も早咲きはもうたくさんです。おそ咲きの長い(変わらない)心には、やはり及びません。



ヒマワリなど_07



作者の大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)は、大納言・大伴旅人の妹で、額田王(ぬかだのおおきみ)と並び称される代表的な女性万葉歌人です。

たくさんの歌が万葉集に収められています。


もちろん、ここで詠んだ「咲く花」はヒマワリなどではなく、秋の花、萩です (^^ゞ



ヒマワリなど_08



秋の時 花種(くさ)にありと 色毎(ごと)に 見(め)し明(あきら)むる 今日の貴さ

 大伴家持 (萬葉集 巻第十九)



おまけ。


ヒマワリなど_09



週末なので、室内の切り花も新調してみました。

カーネションも、ちょっと秋っぽく(?) 

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。