God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 梅の香りTOP折々の花 ≫ 梅の香り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

梅の香り

大宮公園の梅_004

★ Canon PowerShot G1X Mark II


春されば まづ咲くやどの 梅の花 獨り見つつや 春日暮さむ

筑前守山上大夫 (萬葉集 巻第九)




今年も無事に梅の季節となりました。

寒い日、暖かい日、また寒い日、そして寒い日、もっと寒い日...と、この冬はやっぱり寒いような気もします。
年初の暖冬の日々が懐かしい(笑)

上の歌、作者の「筑前守山上大夫」とは、万葉歌人として名高い山上憶良のことです。



大宮公園の梅_002

★ Canon PowerShot G1X Mark II


春なれば 宜(うべ)も咲きたる 梅の花 君を思ふと 夜眠(よい)も寝なくに

壹岐守板氏安麿 (萬葉集 巻第五)



大宮公園の梅_003

★ Canon PowerShot G1X Mark II


妹(いも)が家(へ)に 雪かも降ると 見るまでに ここだも亂(まが)ふ 梅の花かも

小野氏國堅 (萬葉集 巻第五)




大宮公園の梅_001

★ Canon PowerShot G1X Mark II


萬代(よろづよ)に 年は来経(きふ)とも 梅の花 絶ゆることなく 咲き渡るべし

筑前介佐氏子首 (萬葉集 巻第五)




大宮公園の梅_005

★ Canon PowerShot G1X Mark II


我妹子(わぎもこ)が 植ゑし梅の樹 見るごとに こころ咽(む)せつつ 涙し流る

大伴旅人 (萬葉集 巻第三)



※一部の写真はフィルターを使用をして撮影しています。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。