God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 曼殊院TOP古寺散策 ≫ 曼殊院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

曼殊院

20061222222522.jpg
★ Rolleiflex 2.8F/Planar 80mm F2.8/RDP III


京都の曼殊院門跡です。

書院から望む枯山水の庭園。小堀遠州の傑作です。




比叡山のゆるやかな西麓に一乗寺と呼ばれるエリアがあります。
その昔、宮本武蔵が吉岡一門数十名を相手に決闘を行った、有名な「一乗寺下り松」もそのあたり。

広大な庭園で名高い修学院離宮の南隣に、曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)があります。
ここも紅葉の名所で、ピーク時にはたくさんの観光客で賑わいます。

「門跡」とは、皇族(宮家)の子弟が出家して法親王として入った寺院のことを指し、京都にはたくさんあります。三千院、仁和寺、大覚寺、知恩院...と、有名どころがそろっていますが、曼殊院もそんな一つです。


20061222222620.jpg

★ CONTAX G1/Biogon 21mm F2.8/ RVP F


山の斜面に建てられている寺院で、門や塀も思わず見上げてしまうような位置にあります。

(普通の参詣客はここからは入れません(^^ゞ)


20061222222650.jpg

★ Rolleiflex 2.8F/Planar 80mm F2.8/RDP III


曼殊院はもともと比叡山にあった一坊で、江戸時代初期、「桂離宮」を造営した桂宮智仁親王の次男・良尚法親王が現在の地に移しました。

当時の書院建築を代表するもので、桂離宮とも意匠や様式など大変似ていると言われています。
関連記事

Comment

tonkoさん
編集
またまたこんばんはー。
ここね、ちょっとした高台ですので、京都の街並みがとてもよく見えるんですよ。
もちろん、春や秋もオススメですが、冬は静かに参詣できます(^^)
2006年12月25日(Mon) 22:56
冬の京都
編集
なるほど

お勉強になりました
うんうんです
1枚めいいですね
ベルニナさんならではの
お写真に見とれました
京都は冬がいいかなと思いました
いつも素晴しいお写真でありがとう
ございます。
2006年12月25日(Mon) 16:14
happy×girlさん
編集
こんばんはー。
どうもありがとうございます。
スキャンが下手くそなので、ちょっと色合いがおかしいのですが、オリジナルのフィルムでは、もっと落ち着いた色合いなんです(^^ゞ
冬の京都も静かでいいものですよ♪
2006年12月23日(Sat) 23:50
こんばんは!
編集
1枚目のお写真がとっても素敵です!
凄く落ち着くお写真ですね!!!
こんな素敵な写真を撮ってみたいな♪
2006年12月23日(Sat) 23:11
Mrs.VAPOR さん
編集
こんばんはー。
日本の庭っていいですよね。
座って眺めるのもよし、庭の中を散策するのもよし。
どんな人にも、美しさを感じさせてくれるスグレモノだと思います(^^)
さっき、横浜から帰ってきました。
もの凄い人出で、そっちの方で疲れちゃいました(笑)
2006年12月23日(Sat) 20:44
夕香さん
編集
こんばんは。
いつもありがとうございます。
冬の京都は、花もモミジも緑もほとんどありませんが、人も少ないので(笑)、昔から好きです(^^)
のんびりと出かけたいなーって思いますね。
2006年12月23日(Sat) 20:41
nakatugawaさん
編集
こんばんは。
どうもありがとうございます。
修学院離宮はここのすぐ近くですよね。
近いのに、なかなか行けないなぁ~(T_T)
京都もようやく静かになってきた頃合いでしょうかね。
また行ってみたいです(^^)
2006年12月23日(Sat) 20:39
Kino.Aさん
編集
こんばんは。
京都市内の北の方にあります。
ちょうど大原や鞍馬へ行く途中って感じです。
冬は、静かでいいところですよ(^^)
2006年12月23日(Sat) 20:34
sara さん
編集
こんばんはー。
紅葉の時期にはさぞ賑わうことと思いますが、それを過ぎると、わりとひっそりした感じで落ち着いて拝観できます。
派手さはないお寺ですが、オススメスポットですよ(^^)
2006年12月23日(Sat) 20:32
編集
こんばんわ。
1枚目の写真、素敵ですね。ここでゆったりとした気分でお庭を眺めたら、悩みや疲れは忘れちゃいますね。
紅葉のシーズンよりも新緑のときに行きたいですわ。

今日の横浜の収穫はいかがでしたか?
2006年12月23日(Sat) 18:59
こんにちは
編集
やっぱり純和風というのは落ち着きがあってシックでいいですね。心まで正す、という気分になります。
賑やかよりもこういうのがすきですね。
2006年12月23日(Sat) 16:03
編集
修学院離宮へ行ったときに一度行った事がありますが、
ベルニナさんのお写真で拝見すると違うところのように思えますね♪

やっぱりベルニナさんの解説はお勉強になります。
ありがとうございます。
2006年12月23日(Sat) 14:41
編集
京都の山の斜面にあるのですか?
「曼殊院」て、初めて聞きました。
京都へは、何度か行っているのだけど・・・^_^;

庭園は、落ち着きますよね~。
ゆっくり訪れてみたくなりました(^^)
2006年12月23日(Sat) 01:19
こんばんは♪
編集
書院からの庭園の眺めが美しいですね。
静けさが伝わってくるような気がします。

こちらの寺院は山の斜面に建てられているのですね。
そして、門や堀を見上げてしまう位置にあるのですね。
私も見上げてみたいです・・。( ^ ^ )


2006年12月22日(Fri) 23:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

冬枯れの曼殊院へ
修学院離宮から歩いて15分から20分で曼殊院に着きます。今回は時間もあったので、足を延ばしてみました。曼殊院門跡曼殊院の勅使門です。勅使門の白い塀に五本の白い筋が見えますね。これは、皇室一門
2007年02月04日(Sun) 11:59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。