God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 曼殊院 (その2)TOP古寺散策 ≫ 曼殊院 (その2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

曼殊院 (その2)

20061227215127.jpg

★ Rolleiflex 2.8F/Planar 80mm F2.8/RDP III


今日も、京都の曼殊院門跡です。

この庭園は、ドイツの建築家、ブルーノ・タウトも讃えたと伝えらていれます。




「遠州好み」という表現があります。
これは、江戸初期、築庭の名人だった小堀遠州の「くせ」が見られる日本庭園のデザインのことを指しますが、ここ曼殊院の庭園もやはり「遠州好み」と言われています。

現在の曼殊院が開かれたのが1656年。ところが小堀遠州が没したのは、記録が正しければその9年前です。なので、「曼殊院の庭は遠州の作ではない」と断定する研究者も少なくないようです。
さて、その真相やいかに...(^^;

20061227215300.jpg

★ Rolleiflex 2.8F/Planar 80mm F2.8/RDP III

いずれにせよ、見事な庭園であることには誰も異を唱えません。

曼殊院を建てたのは良尚法親王という方で、有名な桂離宮を造営した八条宮智仁親王の次男です。曼殊院の北隣にある修学院離宮は、智仁親王の甥にあたる後水尾上皇が建てました。
この頃の皇族は、造園にひときわ関心が高かったようです。
西洋から伝わってきた最新の造園技術を存分に採り入れ、さらに小堀遠州のような天才庭師を媒介として次々に見事な庭が築かれていった時代でもありました。

庭園だけではなく、書院や茶室の細かな建築意匠がとてもよく似ているところから、曼殊院は「ちいさな桂離宮」とも呼ばれています。
関連記事

Comment

tonkoさん
編集
こんばんは。
まとめてコメント、どうもありがとうございます。
続けてみるというのも、決して悪くないですよね(笑)
京都のお寺は何と言っても庭園に魅力があります。
そこが奈良の寺と全く違うところだと思っています。
2006年12月29日(Fri) 17:33
またおはようです
編集
こうして
まとめて拝見するのもなかなかいいものです

遠州好み・・没しても名を残す優れた
庭師さんだったのでしょう
今ならどなたでしょうね
2枚め好みです
2006年12月29日(Fri) 06:33
nakatugawaさん
編集
こんばんは!
修学院離宮のことを、曼殊院の北隣なんて書いてますが、実際に歩くとかなりありますよね(^^;)
あの辺、急坂がつづくし(笑)
修学院離宮、行きたいです!!
(って、こればっかり...)
2006年12月28日(Thu) 23:20
編集
この間、修学院離宮へ行った時もちょっと歩けば曼殊院へ行けるのに、
残念ながら時間が遅くて行けませんでした。。。
すぐ近くと言っても、歩くとちょっとではないですよね?!
ベルニナさんの記事をよく読んで、今度は是非行きたいと思っています。
しかし、いつもぼ~~っとしか見ていない私と違って
ベルニナさんは深いですね!
見習わなくちゃ^^
2006年12月28日(Thu) 21:12
夕香さん
編集
こんばんは。
これから関西でも雪の日があるのでしょうね。
でも今年は暖冬気味なので、去年よりは雪は降らないような気もしています。
雪景色の京都はまだ経験がないので(奈良はあるのですが)、一度はそういう風景の写真を撮ってみたいと思っています(^^)
2006年12月28日(Thu) 20:22
Mrs.VAPOR さん
編集
こんばんは。
どうもありがとうございます。
早いものでもう仕事納めです。
来週はもう新年なんですよねー。
年末年始、お忙しいとは思いますが、どこかで息抜きができるといいですね(^^)

1枚目の写真ですが、この日は雪のちらつく寒い日だったのですが、時折こうして日が差してくれました。
太陽の光ってやっぱりほんの少しでも暖かみを感じるものですよね♪
2006年12月28日(Thu) 20:20
こんばんは
編集
とても静かな印象です。お寺ですものね。気もおちつきますよね。これから京都も雪景色になるとまたいいでしょうね。
2006年12月28日(Thu) 19:14
編集
お仕事お疲れ様でした。
ゆっくりとお休みくださいませ。。。
主婦はこれから年明けまでが忙しいです!!!でもなんとかして半日くらいは抜け出そうと、画策しております。

1枚目の写真、すてきですね。
寒いお寺の中で、ほっと一息できるようなそんな暖かさを感じます(わたし、すごい寒がりなんです)
日陰の多い、底冷えのする境内で、こういう場所を見つけると、ちょっと安心するようなそんな気分になります。
光った葉が綺麗ですね。
2006年12月28日(Thu) 18:40
bianca さん
編集
こんばんは!
実はここの門前に茶店が一軒ありまして、きな粉餅と抹茶というのをちゃんと頂いてきましたよ~(^^)v

いつも遊びに来ていただいて本当にありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いしますね!
どうぞ良いお年を♪
2006年12月28日(Thu) 17:17
ぴょんこさん
編集
こんばんは!
寒いですがカゼなんかひいてませんかー?(^^)
牛丼、食べましたよ~♪
やっぱり、行列せずに食べられるのはとってもうれしいです。
食べながら、ぴょんこさんのことを思い出していました(笑)
2006年12月28日(Thu) 17:15
mToTmさん
編集
どうもありがとうございます。
それほど広くないのですが、ところどころに奥行きを感じさせるような場所がちゃんとしつらえてあるんですよ。
2006年12月28日(Thu) 17:14
aussiesupergirlさん
編集
こんばんは。
小さな書院が並んでいるところなんですが、廊下を歩いていても結構いい絵になる光景が見られます(^^)
2006年12月28日(Thu) 17:13
sara さん
編集
こんばんは。
曼殊院の庭に面した書院もいい造りです。
桂離宮のものと同じ棚があったり(同時に作られたそうです)と、全体を歩いているととても良い気分になりますよ。
2006年12月28日(Thu) 17:11
happy×girl さん
編集
こんばんは!
寒い冬の一日、時折雪がちらつく天気だったのですが、ほんのちょっとだけ日が差してくれました。
人混みもなく、冬の京都は静かで良いですよ(^^)
2006年12月28日(Thu) 17:09
こんにちは
編集
ステキな庭園ですね。
ここでお抹茶でも頂きたくなります^^
あと饅頭も(笑)

今年は素晴らしい作品を沢山拝見出来て嬉しかったです^^
また来年も宜しくお願いしますね。
どうぞステキな新年をお迎え下さい^^
2006年12月28日(Thu) 12:34
いい感じ!
編集
ベルニナさん、こんにちは!
日本庭園の写真を見ると日本人で良かったぁ~と思います。
落ち着きない私でも、この写真を見ていると古風さとおしとやかさが身につきそうです。とっても、心が落ち着きますね。
ベルニナさん!お昼限定の「吉野家の牛丼」は食べましたか?
私は、しっかり食べました(^・^)
2006年12月28日(Thu) 12:11
編集
「遠州好み」、初めて知りました。
それにしても素晴らしい庭ですね。

2枚目のお写真のような、家屋の中から外を望む写真、陰影がとても素晴らしいと思います。
※私好みです。(^。^;)
2006年12月28日(Thu) 01:05
編集
2枚目の写真、すてきですね~。
いかにも日本の家屋って感じがします。

まったりとした時間を過ごしたくなりますね。
2006年12月28日(Thu) 00:51
こんばんは♪
編集
今日のお写真も素敵ですね♪
日本庭園の静けさには
本当に心が落ち着きますね。

そして、庭だけでなく建物との調和も
考えてあるのでしょうね。( ^ ^ )

2006年12月27日(Wed) 23:11
こんばんは!
編集
静かな時間が流れているようなお写真で、ウットリします。
当時の日本が庭に対して力を入れてくれたおかげで、今もこんなに美しい日本を目にすることが出来る、本当に素晴らしいことですね。
世界に誇れる美ですよね!
2006年12月27日(Wed) 22:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

冬枯れの曼殊院へ
修学院離宮から歩いて15分から20分で曼殊院に着きます。今回は時間もあったので、足を延ばしてみました。曼殊院門跡曼殊院の勅使門です。勅使門の白い塀に五本の白い筋が見えますね。これは、皇室一門
2007年02月04日(Sun) 11:55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。