God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2020年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年11月
TOP日本の山 ≫ ライチョウ (雷鳥)

ライチョウ (雷鳥)

20060218215013.jpg


夏の装いのライチョウご夫婦です。

北アルプス・剱岳の登山道で出会いました(^^)



ご存知、ライチョウ(雷鳥)です。
英名を Rock Ptarmigan。一般的には単に「ターミガン」と呼んでいるそうですね。
(山歩きが好きなカナダ人の友人情報(^^ゞ)

ライチョウは日本では北アルプスの標高の高いところに生息しているキジの仲間だそうで、特に立山剱連峰周辺がよく知られていると思います。
私もそのあたりを歩いていて、何度か遭遇したことがあります。

この写真を撮った時は、ちょうど登山道の脇で地面に体をこすりつけるようにバタバタと(二羽そろって)やってました(^^;

あんまりいい写真じゃなくてスミマセン。
動いている鳥を撮るのは本当に難しいですね(^^ゞ

こちらがオスです。
目元の鮮やかな赤のアイシャドーがカッコイイですね(^^)

20060218215752.jpg


で、こちらがメス。
なんか、見ていて可愛いなぁ~♪と思わせる表情でした(^^)

20060218215914.jpg


ライチョウは冬になると、まわりの景色にあわせて真っ白に色を変えます。
そうなると、赤のアイシャドー、いっそう映えることでしょうね。

それにしても、野生動物は得てしてオスの方がオシャレですね(^^;
関連記事

Comment

京花さん
編集
ライチョウは、立山の室堂でも岩陰などでチョコチョコ動いているのを見られることがありますよ。室堂は立山黒部アルペンルートにあるのでバスで行けるところです。
この夏、ライチョウを探しに高原のお散歩にでも出かけてみてはいかがですか?(^^)
2006年02月19日(Sun) 22:05
見てみたいですね。
編集
こんばんは。
TBありがとうございました。
滅多に見られない雷鳥ですね。
今の季節は、真っ白になっているのですね(^―^*
2006年02月18日(Sat) 22:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

翡翠(カワセミ)
同じような写真です(^.^;; ここへ行くとこんな感じには撮れますが、ダイブや飛んでいるのは難しいです。
2006年02月18日(Sat) 22:19