God Speed ! ~ 風、しましょ!

風の向くまま、カメラを持って旅に出かけましょう!
2020年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年11月

輪島駅

20070831222424.jpg

★ CONTAX G1/Planar 35mm F2/RVP F


ホームに列車が入ってきました。

終着駅の輪島へ到着です。 お疲れさまでした(^^)




能登半島の北岸の駅。
こんな光景が昔はごく当たり前に毎日見られたのでしょう。

でも、今はもう見ることが出来ません。


今日は独り言ですので、どうぞ軽く読み流して(もしくはパスして)くださいね(^^ゞ


20070831222535.jpg

★ CONTAX G1/Planar 35mm F2/RVP F

これが今の「輪島駅」です。

国鉄からJR西日本へ、そしてさらに「のと鉄道」へと引き継がれた路線(穴水~輪島間)が、2001年にとうとう廃線となってしまい、終着駅だった「輪島駅」も廃止されました。
今日の輪島駅は、列車が来ない駅=「道の駅」に生まれ変わっています。

ここで、ちょっとつまんない話をしますと...

私がまだ大学生だった頃、夏休みに北陸地方を2週間ほどかけて貧乏旅行したことがあります。
(ま、今も貧乏は変わりませんが...(^^ゞ)
もちろん当時はまだ国鉄の時代。

夕方、金沢を出発する鈍行列車に乗り、輪島を目指しました。途中、七尾湾を経由し、とにかくとってもきれいな夕焼けでした。今でも当時のことはよく覚えています。

とっぷりと日が暮れた頃、輪島へ到着。あぁ、ここが「輪島塗」(←とにかく高級品のイメージでした)で有名な輪島か...と思いました。
宿など予約しているわけもなく、駅前にとまっていたタクシーの運転手さんに「安い宿はないか?」と相談してみると、お寺が経営しているユースホステルがあるとのこと。
その宿まで「ま、学生さんだからしょうがないか」と特別割引料金で連れて行ってくれました(^^)v

宿のちょっと手前にある大きなホテルの玄関先で、地元名物の「御陣乗太鼓」をやっているよ!と教えてもらい、そこで降ろしてもらいました。
(太鼓の演奏は本当に凄かったです!!)


20070831222639.jpg

★ CONTAX G1/Planar 35mm F2/RVP F

「わじま」という駅名のプレート。そして、古いレールを再利用したホームの柱は、おそらく昔の輪島駅で使っていたものをそのまま再利用したのではないでしょうか。

行き先表示の片側がブランクになっているところが、いかにも終着駅ですね(^^)


20070831222725.jpg

★ CONTAX G1/Planar 35mm F2/RVP F

かつては毎日活躍していたであろう、ポイントの切り替え機です。
今は、切り替えるポイントもなし、でもこうして居場所を与えられているだけ、ラッキーなのかもしれませんね。

保線作業をする必要もないのでしょうが、でも、(少なくとも私には)枕木の下に敷き詰められている砂利など、とてもきれいに整えられているなぁと感じました。
いつ列車が入ってきても、この状態なら大丈夫じゃないのかな?(^^)


鉄道路線の存廃に関しては、皆さんいろいろなご意見をお持ちと思います。

赤字続きだった国鉄の「負の遺産」をなんとかせねば!という動きも、理解できないわけではありません。
でもね、鉄道路線を維持すると言うこと、これはすなわち道路や橋を維持するのと同じくらい、行政の大きな責務だと私は思っています。
それが中央官庁だろうが、地方自治体だろうが、関係ありません。

決して経済性だけで語るべき問題ではないと思います。
行政というものを経済性だけで論じるのならば、「廃止すべき自治体」は山のようにわが国にはあります。

私のふるさとは北海道です。
かつては道内各地にわたっていろいろな鉄道路線がありました。まだ完成していない路線すらありました。

それが国鉄民営化・JRの誕生後、次々と廃線の憂き目にあっています。

東京~大阪間の所要時間が5分縮まるよりも、隣町の病院まで何十分かかっても安全・確実に送り届けてくれる鉄道の存在こそ、本当にたくさんの人々の日々の暮らしに役立っていたのではないでしょうか。

みんな、とても大切なことを忘れ去ってしまったように感じます...


20070831223052.jpg

★ CONTAX G1/Planar 35mm F2/RVP F

現在の「道の駅・輪島」の駅舎です。
「ふらっと訪夢」というニックネームが付けられています。

廃駅になってから、駅舎が立派に建て替えられたのを目の当たりにして、何とも、複雑な気持ちになってしまいました...
関連記事

Comment

Mrs.VAPOR さん
編集
こんばんは。
廃線になった線路跡、今でも国道沿いに残っているそうですよ。
何年か前に、昔住んでいた北海道の街へ行ったのですが、かつての線路(廃線になりました)は道路になっていました。
なんだか、とっても不思議な感覚でした。
鉄道を造る時のエネルギーを今一度考えて、なんとか存続する方法をみんなで考えて欲しいと思います。
なくすのは簡単ですが、再開するのは並大抵の努力ではできません。
2007年09月06日(Thu) 20:34
編集
廃線、悲しい現実ですね。
走れば走るほど赤字、たしかに鉄道会社だけでは維持できませんね。
でも交通機関であるかぎり利用者がいるわけですから、なんとかならないものかと考えてしまいます。
車を運転できないお年寄りや子供たちの足となっているところではぜひとも維持して欲しいと願っております。

廃線のレールを見ると、活気あったころの車輪の軋む音やにぎやかな人々の声が聞こえてきそうで胸が痛みます。

この写真の輪島駅は、駅舎は道の駅になり綺麗に変わってしまい昔の面影はなくなったようですが、錆びてはいますがレールやバラスト、駅名表示などは綺麗に管理されていますね。
きっと心をこめて整備、維持してくださっているのですね。
2007年09月04日(Tue) 08:51
tonkoさん
編集
こんばんは。
空港ができたんですよね。
乗客はどうなんでしょう。ちょっと気になります。
今も和倉温泉のあたりまではまだ鉄道が残っています。
たしか、京都や大阪方面へ直行する特急もあったはずですよ(^^)
2007年09月02日(Sun) 17:01
能登
編集
読んでいくうちに・・
びっくりしましたが、納得です

何に使うかが、問われます
この国は、どこへ行くということでしょうか・・・。

一昨年、能登へ羽田から行きまして
能登空港を視察した状態になったのです
フライト2便です 空港からはバスもなし
和倉の旅館の車が待ってました。
その時、この沿線でしょう 線路があったのでした。
2007年09月02日(Sun) 05:06
とぉさん
編集
こんばんは。
こちらこそ、本当にご無沙汰しております。
申し訳ありませんm(_ _)m
鉄道は、その土地に密着していればいるほど、なくてはならないもののはずなのですが、経費がかかりすぎるというだけで廃止されてしまいますね。
根本的に頭を切り換えて考えて欲しいものだと思います。
2007年09月01日(Sat) 22:22
nakatugawaさん
編集
こんばんは。
そうなんです。
学生の頃に初めて能登へ行った時、いろんなところでたくさんの人たちにとても親切にしてもらいました。
それ以来、能登の大ファンです(^^♪

御陣乗太鼓は本当に凄い迫力で圧倒されたことを今でもよく覚えています。
とってもラッキーでした~(^^)v
2007年09月01日(Sat) 22:20
編集
こんばんは。

すっごく久しぶりのコメントになります
m(._.)m
ローカル線の駅フリークの私としては、この雰囲気のイイ駅にもう列車が入ってこないのは寂しい限りです。

さて、鉄道の存続についてですが、私も色んな思いがあります。この春に、何度か訪れたローカル線が廃線になりました。
廃線が決まってからというもの、週末はラッシュアワー並みの混雑が続きました。これだけの乗客のせめて半分でも常時いれば、廃線なんかにならなかったのに…と思わずにいられませんでした。
色々難しい問題も多いとは、思いますがベルニナさんのご意見に大いに賛同いたします。
2007年09月01日(Sat) 21:45
編集
輪島には学生のころに友達と行きました。
朝市、輪島塗り・・・なかなか魅力的な町ですね。
今は廃線になってこうやって残ってるんですね。
石川県の中ほどからでも遠かった!という印象です。
ベルニナさんは金沢から鈍行で行かれたのですか?

御陣乗太鼓は、滅多に見れないと思っていましたが、ベルニナさんは生で見られたんですね!
いいなぁ!!
能登の人は優しいですよ。。。人がいい。
廃線になって不便になるお年寄りもたくさんおられると思います。
2007年09月01日(Sat) 21:28
KUMI☆さん
編集
こんばんは。
実際に列車がホームに入ってきていたら、とっても危なくて写真なんぞのんきに撮ってられません(笑)
旅行が好きで、学生の頃からいろんなところへ行ってきました。
でも、今ではなくなってしまった路線が結構あって、地図を見ても線路が消えているのに気づくと、やっぱり寂しくなってしまいます。
2007年09月01日(Sat) 21:21
そらさん
編集
こんばんは。
うちの高校も、汽車通学の生徒がたくさんいましたよ(^^)
僕は小さい頃道北の小さな街に住んでいたのですが、家の目の前が線路でした。
その路線もとうに廃止されてしまったし。。
本当に必要な路線がどんどんなくなっていくのはとっても悲しいですね。
2007年09月01日(Sat) 21:19
シマゾウさん
編集
こんばんは。
お持ち帰り、どうもありがとうございます。
今回の旅行で、唯一、早朝に撮った写真です(^^ゞ

再現された輪島駅のホームは、わりと唐突なところにありました。
もう少しちゃんと作ればいいのになーって思いました(^^;)
2007年09月01日(Sat) 21:04
saraさん
編集
こんばんは。
鉄道事業の放漫経営はもっての他ですが、弱い人々のための足を確保するための財政支出は決して無駄なことなどではないと思います。

輪島駅が再現されていると聞いたのでちょっと期待していたのですが、意外とあっけない感じのものでした。
列車(本物)を一両ぐらい置いててもいいのになーと思いました。
2007年09月01日(Sat) 21:01
ららさん
編集
こんばんは。
何でも民営化すれば済むと思っている人たちが少なくないのが気になっています。
その事業の本当の目的を考えれば、何を最優先すべきか、自ずと答えは導かれるはず。

再現された輪島駅、本当はもっと広いところなのかと思っていました(^^ゞ
2007年09月01日(Sat) 20:52
アップルミントYさん
編集
こんばんは。
まんまとだまされていただいて、ありがとうございます(笑)
でも、本物のホームにしてはかなり狭いですよね(^^;)
弱い人たちのために足を確保すること、真剣に考えればそれほど難しいこととは思えないのです。
2007年09月01日(Sat) 20:49
編集
ベルニナさん、お帰りなさぁい♪
能登半島にお出掛けだったんですねっ♪

(・-・)・・・ん?
一瞬、本物かと思っちゃいました(^^ゞ
線路の向こうにこんな壁があしらって再生してあるのですねぇ.。o○

廃線前に訪れたことのある土地の変化。。。
感慨深いものだった事と思います。
2007年09月01日(Sat) 18:54
こんにちは~^^
編集
私は高校の時汽車で通ってました。
その後廃線になってしまったけど。
車の免許のない私は帰りたくても車でしか帰れない。
とっても寂しいです。
ベルニナさんが言うように新幹線の時間が縮まることよりもっと現実的なことに目を向けて欲しいです。

1枚目私も無茶してるーー!って思ってました。
やらてた!って感じ^^
こういう駅を見ると懐かしく感じますね。


2007年09月01日(Sat) 15:53
編集
こんにちは。おかえりなさいませ。
能登におでかけでしたか。うらやましい~。
霧のお写真、保存させていただきました♪
グラデーションが素敵です。

そしてこちらの能登駅のお写真。
はじめは、あれっ?レタッチ?と思いましたが
それにしてはホームの上に切れ目が???
・・・やられましたあ~。(^^)

とってもきれいに保存されているおかげなのですね。
2007年09月01日(Sat) 11:52
編集
こんにちは♪
こちらが輪島駅なのですね。
2枚目の写真を拝見して、古いレールの柱と駅名プレートを一緒に撮影すること・・とても素敵だなと思いました。私も今度頑張ってみます。(*^^*)

転轍機がそのまま保存してあるのですね。レールもバラストも本当にきれいだなと思いました。きっと、どなたかが見守ってくださっているのでは・・・そう感じました。
鉄道路線の存廃・・・私も同じ気持ちです。
>鉄道路線を維持すると言うこと、これはすなわち道路や橋を維持するのと同じくらい、行政の大きな責務・・・・
これは本当だと思います。(鉄道も都市計画の一部です。)
今回の記事と写真を拝見していて、私も「大切なこと」を見つめて、そして考えてゆきたいなと思いました。

廃線になった後に駅舎が立派になってしまう・・・・私も複雑な気持ちになりました。
2007年09月01日(Sat) 09:41
おはようございます
編集
同感です
鉄道は大切な生活の足

経済性だけに動かされる競争社会の中に
入れてはいけないものもありますよね

生活と医療

最初のお写真
ベルニナさん、自殺行為
真面目にびっくりしました(^^)

2007年09月01日(Sat) 05:41
仰るとおりです!
編集
 車をもたない人達、老人子ども、、、
みんな生活に不便を強いられましたね。。
 1枚目、一瞬だまされました。。。ふふふ
2007年08月31日(Fri) 23:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL